HOME > ホームページを作成する前に知っていると良いこと > ホームページで主に使われる画像について

ホームページで主に使われる画像について

DATE : 2016.04.04

ホームページには写真やイラストなど、たくさんの画像が使われています。

実はこれらの画像は、用途によって種類が異なっています。
主に使われている画像の種類は、以下の3種類です。
・JPEG(ジェイペグ)
・PNG(ピング)
・GIF(ジフ)

それぞれの特徴は、

JPEG(ジェイペグ)

・フルカラー(約1,677万色)
・データサイズを小さくできる

PNG(ピング)

・フルカラー(約1,677万色)
・透過処理(透明、半透明、不透明)ができる
・データサイズを小さくできる

GIF(ジフ)

・256色対応
・透過処理(透明、不透明)ができる
・データサイズを小さくできる
・アニメーションが作れる

実際の使い分け方は、
背景を透明にしたい場合は「PNG(ピング)」、
イラストの場合は「GIF(ジフ)」、
それ以外の場合は「JPEG(ジェイペグ)
のように使うと良いと思います。

ホームページを作る時に、画像にはいくつか種類があったなぁと思い出していただけると嬉しいです。

ページトップへ