HOME > ホームページを作成する前に知っていると良いこと
 

ホームページを作成する前に知っていると良いこと

 

    2016.05.06 世界中で使われているGoogle マップとは?

    本日は、先日書きましたGoogle マップについてお話します。

    「Google マップ」とは、名前にマップとあるように “地図” のことで、その地図を提供している会社が “Google Inc.” なので、Google マップと呼ばれています。

    Google マップには「地図、航空写真、地形」と3つの表示形式があり、一般的には “地図” が使われています。
    また出発地と目的地を入力して「道順を表示(ルート検索)」して使ったり、実際の場所の写真を見ることができる「ストリートビュー」などが良く使われています。

    それからホームページではお店の場所を表すためにGoogle マップが良く使われていますが、なぜかと言いますと、無料でとても簡単に掲載することができるからです。

    例として、マゴコロウェブのマップを掲載します。

    このように便利で使いやすいので世界中の人が利用しています。

    2016.05.02 ホームページでよく使われる地図にはどんなものがあるの?

    ホームページでファッションや食べ物のお店、または娯楽施設などを見ると、必ずと言っていいほど地図があると思います。
    住所があれば調べられますが、やっぱり地図があればパッと見て、どこの場所なのか感覚でわかるので便利ですよね。

    では実際にホームページで主に使われている地図は?と言うと、
     ・Google マップ
     ・Yahoo!地図
    この2つになります。

    これら以外では、ルート検索をした際にゼンリン地図などを見かけますが、お店へのアクセスなどではあまり使われていません。

    それぞれの地図の特徴は、またの機会に書きたいと思います。

    2016.04.28 スマホのメニューはハンバーガーアイコンに隠れている!?

    先日に引き続き、ハンバーガーアイコンについてお話します。




    ハンバーガーアイコンはスマホでよく使われていますが、どうしてだと思いますか?

    それはスマホの画面がパソコンに比べると狭いことが関係しています。

    パソコンは画面が広いので、メニューの内容を1つずつ表示しても1画面にたくさんの情報を表示することができます。
    しかしスマホは画面が狭いので、1画面に表示できる情報が限られます。

    そこで限られた画面を効率よく使うために、通常はメニューを隠しておき、必要なときだけ見せる方法としてハンバーガーアイコンが使われるようになりました。

    だからスマホでアプリやホームページを見ている際に、メニューが無いと思ったらハンバーガーアイコンを探してみてください。
    ※ハンバーガーアイコン以外でも、メニューを表している場合があります。

    2016.04.26 スマホのメニューがハンバーガーアイコンと呼ばれる訳とは?

    スマートフォンでホームページを見ていると、以下のような表示を見かけたことはありませんか。




    実は、これには名前がついており「ハンバーガーアイコン」と呼ばれています。
    また「ハンバーガーメニュー」「ハンバーガーボタン」などいくつか呼び方はあるようです。

    もうお気付きかもしれませんね。
    名前の由来はハンバーガーから来ていて、三本の線は上から「パン・ハンバーグ・パン」と例えているようです。

    世の中には、面白いネーミングを考える人がいますね。

    2016.04.22 MovableType(ムーバブルタイプ)について

    ホームページの更新を簡単にしてくれるものとして以前WordPressをご紹介しましたが、もう一つの例として本日は「MovableType(ムーバブルタイプ)」についてご紹介します。

    MovableTypeの特徴は、WordPressと似ていますので比べて見ましょう。

    MovableType WordPress
    利用料金 有料 無料
    安全性 高い 低い
    サポート あり なし
    自由度 高い
    特別な知識 要らない 要らない
    操作の難しさ 簡単 簡単

    ※ただしMovableTypeでも、条件を満たせば無料での利用もできます。

    <まとめ>
    無料で自由度が高いホームページをつくるならWordPress
    安全性やサポートが受けられる点を重要視するならMovableType
    が良いでしょう。

    ぜひ、自分のホームページにあわせて選択してみてください。

    2016.04.20 ブログとは?

    今では普段の生活でも使われることが多くなった「ブログ」について、あらためて説明したいと思います。

    ブログとは?

    簡単にいいますと、「日記みたいに書くホームページ」のことです。

    例えば、楽しかったことや今日食べた物の紹介など日々の出来事を書きます。
    このように日記みたいな使い方をしている方が一番多いのですが、きちんとテーマを決めビジネスに活用している方も増えています。

    テレビなどで耳にする代表的なものとして「Ameba(アメーバ)ブログ」がありますが
    こちらは芸能人など著名人の方が多く利用されています。

    ブログという言葉は略称で、正式には
    「Weblog(ウェブログ)」
    と言うそうです。

    2016.04.18 SNS(ソーシャル ネットワーキング サービス)とは?

    今では「SNS」という言葉がごく普通に使われていますが、どういうものなのか分からないという方も多いと思いますので簡単に説明します。

    SNSとは?

    インターネット上で人と人が繋がりを作れるサービスのことです。

    例えばインターネット上で、同じ趣味を持った方と共通の話題で盛り上がったり、同じ地域に住んでいる方と交流をします。

    SNSの一例として、インターネット上で気軽に人との繋がりをもちたい場合は、仮の名前で登録ができる「LINE」や「Twitter」などを使います。
    また実名登録の「Facebook」の場合は、実社会に近く、顔と顔が見える繋がりがもてます。
    他には、写真で繋がる「Instagram」というものもあります。

    このようにSNSは目的に合わせて、たくさんのサービスがあります。

    SNSという言葉は略称で、正式には
    「Social Networking Service(ソーシャル ネットワーキング サービス)」
    と言うそうです。

    2016.04.15 CSS(シーエスエス)ファイルとは?

    本日は、昨日の最後に書きました「CSSファイル」について説明をします。

    CSSファイルとは?

    ホームページのデザインを決めるファイルのことで、ほぼどのホームページでも使われています。

    例えば、文字を赤色にする場合は「color: red;」と書いたり、大きくする場合は「font-size: large;」と書いたりします。
    また、背景を青色にする場合は「background-color: blue;」のように書きます。

    書き方は「:(コロン)」より前に「変更したい箇所(文字)」を書き、
    「:(コロン)」の後に「どのようにするか(赤色)」を書くように覚えれば分かり易かもしれません。

    昨日のHTMLと同じように、CSSにも種類がたくさんあります。

    CSSという言葉は略称で、正式には
    「Cascading Style Sheets(カスケーディング スタイル シート)」
    と言うそうです。

    2016.04.14 HTML(エイチティーエムエル)ファイルとは?

    先日 “パソコンやスマートフォンの両方に対応したホームページ(レスポンシブデザイン)” のブログで「HTMLファイル」という言葉がでていましたが、本日はその説明をします。

    HTMLファイルとは?

    HTMLというタグと文章で作られたファイルのことで、ホームページの多くは、このファイルで作られています。

    例えば、文章を改行したい場合は「<br>」タグを使います。
    また、重要性が高い文字を強調する場合は「<strong>」タグを使い、
    先日ブログに書いた見出しの場合は「<h1>」タグを使うことで文字を装飾できます。

    このようにタグにはたくさんの種類があります。

    HTMLという言葉は略称で、正式には
    「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)」
    と言うそうです。

    今後、ホームページを構成するもう一つのファイルである「CSSファイル」についても書きたいと思います。

    2016.04.13 とっても大切なホームページの見出しについて

    本日はホームページを作成するうえで必要な「見出し」についてお伝えします。

    ホームページを見ただけでは、どれが見出しなのか分かり難いのですが、
    どのホームページにも必ず設定されています。

    見出しには「<h1>~<h6>」があり、数字が若いほど重要度が高いことを表します。
    例えば、<h1>を大見出し、<h2>を中見出し、<h3>を小見出しにします。

    また、使用するときには以下の内容に気をつけてください。
     ・<h1>は1ページに1つ
     ・<h1>以外は1ページに複数の設定が可能
     ・数字の若い順に使用する

    少し難しい話になりましたが、ぜひ覚えてみてください。

    2016.04.12 ホームページをスマホ対応するメリットとデメリット

    昨日は “パソコンやスマートフォンの両方に対応したホームページ” について書きましたが、本日は残りの2つについて書きます。

    1.スマートフォン対応する。

    スマートフォン専用のホームページを用意する。

    これは以前から使われている方法で、パソコン用のHTMLファイルとCSSファイルとは別に、スマートフォン用にそれぞれのファイルを用意します。

    スマートフォン専用のホームページを用意するメリット

     ・スマートフォンに適したボタン配置やデザインができる。
     ・ホームページの表示が早い。

    2.スマートフォン対応しない。

    パソコンと同じホームページを表示する。(特にスマートフォンの対応をしない)

    パソコンとスマートフォンの区別をしないで、スマートフォンでもパソコン用のホームページを表示する方法です。

    パソコンと同じホームページを表示するメリット

     ・パソコンでホームページを見ている方にとって使いやすい。
     ・制作費用を安く抑えることができる。

    それぞれ特徴がありますので、お客様に合わせて選びましょう。

    以上で “ホームページのスマートフォン対応について” のお話は終わりとなります。
    お読みいただきありがとうございます。

    2016.04.11 パソコンやスマホに対応したレスポンシブデザインで作るホームページとは?

    先日書きましたスマートフォン対応の中から、
    パソコンやスマートフォンの両方に対応したホームページについて書きます。

    ホームページを構成するファイルには、大きく分けて2つあります。
     1.画面に表示する文字・画像の情報を記述したHTMLファイル
     2.デザイン設定を記述するCSSファイル

    これらのファイルをパソコン用とスマートフォン用にそれぞれ分けて用意する方法が、以前は多く使われていました。

    今ではパソコンとスマートフォンで共通のHTMLファイルを用意して、デザイン(画面の表示方法)をCSSファイルで分ける記述方法も使われています。
    この方法を「レスポンシブデザイン」と言います。

    レスポンシブデザインのメリット

     ・パソコンとスマートフォンの更新が一回でできる。
     ・作成するファイルを減らすことができ、ファイルの管理が簡単にできる。

    ホームページの制作について話をする中で「レスポンシブ」や「レスポンシブデザイン」という言葉を耳にしたら、このブログを思い出していただけると嬉しいです。

    2016.04.08 ホームページ制作する際のスマートフォン対応について

    みなさんはホームページを見るときに、どのようなものを利用していますか。

    以前なら「パソコンで見ています。」と答えた方が多かったと思いますが、
    今では「スマートフォンで見ています。」と答える方のほうが多いかもしれません。

    このようにホームページを見る環境が変化していますので、
    ホームページもその変化に対応した方がより多くの方が見てくれる可能性があります。

    ではスマートフォンの対応についてご紹介します。
     1.スマートフォン専用のホームページを用意する。
     2.パソコンやスマートフォンの両方に対応したホームページを用意する。
     3.パソコンと同じホームページを表示する。(特にスマートフォンの対応をしない)

    実際の対応方法については、またの機会に書きたいと思います。

    2016.04.06 ホームページ作成ソフト(Adobe Dreamweaver CC)について

    皆さんは「Adobe Dreamweaver CC」というソフトをご存じですか?

    これはホームページ作成ソフトの一つで、上級者の方を対象としているソフトです。

    ではホームページはソフトが無いと作れないのか?と言いますと、そうではありません。
    ホームページはソフトを使わなくても作ることができますが、
    このようなソフトを使うと、実際の画面を直接編集するかのように作成ができるため、
    とても簡単にホームページを作ることができます。

    しかしこのソフトは、ホームページ作成の知識やソフトの機能を知らないと使うことが難しいと思われます。

    このブログを読まれて、やっぱり初心者には難しそうだと感じた方もご心配いりません。
    初心者の方でも簡単に使えるソフトもありますので、またの機会に掲載したいと思います。

    2016.04.04 ホームページで主に使われる画像について

    ホームページには写真やイラストなど、たくさんの画像が使われています。

    実はこれらの画像は、用途によって種類が異なっています。
    主に使われている画像の種類は、以下の3種類です。
    ・JPEG(ジェイペグ)
    ・PNG(ピング)
    ・GIF(ジフ)

    それぞれの特徴は、

    JPEG(ジェイペグ)

    ・フルカラー(約1,677万色)
    ・データサイズを小さくできる

    PNG(ピング)

    ・フルカラー(約1,677万色)
    ・透過処理(透明、半透明、不透明)ができる
    ・データサイズを小さくできる

    GIF(ジフ)

    ・256色対応
    ・透過処理(透明、不透明)ができる
    ・データサイズを小さくできる
    ・アニメーションが作れる

    実際の使い分け方は、
    背景を透明にしたい場合は「PNG(ピング)」、
    イラストの場合は「GIF(ジフ)」、
    それ以外の場合は「JPEG(ジェイペグ)
    のように使うと良いと思います。

    ホームページを作る時に、画像にはいくつか種類があったなぁと思い出していただけると嬉しいです。

    2016.04.01 WordPressなどで使われているプラグインについて

    昨日書きましたWordPressにも関係しますが、
    パソコンや携帯を使っていて「プラグイン」という言葉を目にしたことはありませんか。
    今日はプラグインについて書きたいと思います。

    コンピュータの世界でプラグインとは、
    “もともとあるソフトウェアに機能を付け加えるプログラム”のことを言います。

    WordPressの場合でしたら、
    ブログを書く際に、タイトルや本文以外にキャッチコピーを追加できたり、
    お問い合わせフォームを簡単に追加できます。

    このようにコンピュータの世界で何かしたいと考えたときに、
    自分で一からプログラムを作らなくても、プラグインを利用すれば大抵のことは実現できます。

    大変便利なものがたくさんありますので、上手に活用してみてくださいね。

    2016.03.31 世界中で使われているWordPress(ワードプレス)について

    WordPress(ワードプレス)という単語を見て、それは何なの?と思われたかもしれませんね。

    WordPressはホームページの更新を簡単にしてくれるもので、主にブログに利用されてきました。

    特徴は
    ・特別な知識が要らない
    ・誰でも使えて操作が簡単!
    ・無料で使えるところ

    他にも特徴はありますが、大変便利なため世界中に広まっています。

    最近ではブログ以外に、企業のホームページでも多く活用されるようになりました。
    例えばお知らせなど、日々の更新が必要なところで利用されています。

    世界中で利用されているWordPress
    まだ利用されてない方は、検討されてみてはいかがですか。

    2016.03.30 ホームページ制作の際にも役立つ、理想的な文章の行間について

    ホームページに限ったことではありませんが、
    まれに行と行の間がびっしりと詰まっている文章を見かけたことはありませんか。
    そのような文章は、大変読み辛いと感じたのではないでしょうか。

    その反対に行と行の間が広く取られている文章もあります。

    このように行間の取り方は色々とありますが、
    例えばタイトルなどは、目立たせたいので他の部分より行間を広くしたりします。

    行間は見せ方や個人の感覚に影響するため、これが正しいと決まってはいませんが、一般的に「文字サイズの半分から一文字分まで」で調整するのが理想とされているようです。

    ちょっとした事ですが、とても大切ですね!
    みなさんも見やすい行間を心がけてみてはいかがですか。

    2016.03.29 安全対策として長いパスワードが重要な訳

    ユーザ登録などの新規パスワードを決める際に、悩んだことはありませんか。

    パスワードの設定画面には、よく以下のような説明があります。
     ・8文字以上で。
     ・英数字または英数字と記号を混ぜる。
     ・推測されやすい言葉は使わない。・・・など

    上記の説明に沿ってパスワードを設定しなければ、パスワードをすぐに解読されてしまい、安全とは言えません。

    例えばウィキペディアによると、英字(大文字、小文字の区別なし)で文字数が4桁の場合、約3秒あれば解読できてしまうようです。

    参考:「総当たり攻撃 – Wikipedia」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/総当たり攻撃

    パスワードが破られて個人情報が流出しないように、パスワードの設定は慎重に行った方が良さそうですね。
    みなさんお気を付けください。

    2016.03.25 自動で他のページにジャンプするには?

    ホームページを利用していて画面が表示されたと思ったら、
    いつのまにか他のページが表示されていることはありませんか。
    今、何が起こったの?と不思議に感じることでしょう。
    今回はそのようなときに使える「ジャンプ設定」について書きます。

    これはページにアクセスしてきたユーザを、新しいページに自動転送する仕組みで、
    ホームページをリニューアルした場合などに、良く利用されます。

    いつも利用しているホームページはお気に入り(ブックマーク)に入れている思いますが、そのページのアドレスが変更になると見れなくなるので、大変困りますよね。

    このような場合に、新しいページに転送してあげることで、ユーザが今まで通りに利用できるようになります。

    <使い方>

    <head>タグに下記を追加します。
    <meta http-equiv=”refresh” content=”秒数;URL=新しいページ”>
    ※「秒数」は、アクセスしてきたページを表示させたい秒数を指定します。
    ※「新しいページ」は、転送先のURLを指定します。

    2016.03.24 アクセス制限して、安全なホームページにする

    ホームページからはたくさんの情報を手に入れることができ便利なので、世界中の方が利用しています。
    しかしその反面、危険なことも潜んでいます。

    そこで少しでも危険を緩和させるために、今回は「IPアドレスによるアクセス制限」について書きます。

    これは指定された場所(IPアドレス)からのアクセスのみを許可する仕組みで、
    例えば海外からのアクセスを防ぐことができます。

    海外からのアクセスを防ぐメリットは、
    ・アクセスが国内に限定されるので危険が大幅に減ります。

    反対にデメリットは、
    ・アクセスが国内に限られます。

    つまり海外からは見ることができません。
    海外から見る必要のないホームページなどは、とっても有効です。

    他にも有効な方法を掲載していく予定です。

    2012.04.20 ホームページの代わりを無料で制作する part2

    ブログやfacebookを使う。

    前回に続きまして、無料でホームページを作成したい!でも、あまり時間がない。
    といった方に、お勧めする方法をご紹介します。今回はfacebookです。
    ※あくまでも代用品ですが、きちんとホームページを作成する前 手軽に始めることが可能です。
    前回のブログをまだご覧になっていない方は、こちらもご覧ください。

    facebookをホームページの代わりに作成

    facebookは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といわれるサイトの代表で、人と人のつながりをサポートしてくれるサービスです。
    ※詳しくは、wikipediaなどを参照ください。
    wikipediaでfacebookを調べる
    このfacebookを利用して、ホームページの代わりを作成するという方法です。

    facebookをホームページ代わりにするメリット

    ●登録も無料、各ページも無料で借りることが出来る
    ●毎日、何回でも即時更新が出来る
    ●管理画面を操作することで比較的 簡単に作成できる
    他の方とコミュニケーションできる・・・など

    こんなに凄いページが無料で作れちゃうわけですからお得ですよね!
    具体的には、facebook内でfacebookページというものを作成します。

    手前味噌ですが、例を挙げますとコチラです。

    facebookページ作成方法

    実際にfacebookページの作成方法は、以下を参考にしてください。
    http://allabout.co.jp/gm/gc/387840/
    ※常に予告なく変更するのがfacebookのポリシーですので、現在の仕様と違う点が いくつかあるかもしれません。
    予めご了承ください。

    ほかにも「facebookページ 作成」で検索すると、作成に関するノウハウがたくさん出てきます。
    自分で作成したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

    2012.04.19 ホームページの代わりを無料で制作する

    ブログやfacebookを使う。

    無料でホームページを作成したい!でも、あまり時間がない。
    といった方に、お勧めするのがブログやfacebookをホームページの代わりとする方法です。
    比較的 短い時間で、しかも簡単に作成できる点がメリットといえます。
    ※あくまでも代用品ですが、きちんとホームページを作成する前 手軽に始めることが可能です。

    ブログをホームページの代わりに作成

    ブログとは、日記のように書き溜められるサイトのことをいいます。
    ブログについて詳しくはコチラをご覧ください。
    このブログを自社のホームページ代わりにします。

    ブログをホームページ代わりにするメリット

    ●ほとんどのブログは、登録さえすれば無料で借りることが出来る
    ●毎日、何回でも更新が出来る
    ●管理画面を操作することで比較的 簡単に作成できる
    ●ブログ内に写真を入れることができる・・・など

    代表的なブログ

    ●Ameba…http://ameblo.jp
    ●livedoor…http://blog.livedoor.com
    ●goo…http://blog.goo.ne.jp
    ※他にもブログは沢山ありますので「ブログ」で検索してみて下さい。

    最後に

    ブログを活かすには、多くの方に見てもらい実際に来店してもらう等 一連の流れを作ることが重要になります。
    またブログから集客するには、長い時間が必要になります。
    そこで基本的なことですが、プロフィールには、お住まいの地域・お店の名前・住所・連絡先などきちんと入れましょう。
    できればご自身の写真も入れましょう。
    書く内容は、必ずしもお仕事に直結したものだけに限る必要はありませんが、他の方が不快に感じる内容や誹謗中傷は避けましょう。
    そしてブログのタイトルは専門用語などを入れたりして必ず毎回変えましょう。
    また他のブログをやられている方と積極的に交流し、見てもらえる環境作りをしましょう。

    次回は、facebookをホームページ代わりにする方法について書きたいと思います。

    2012.01.12 無料のテンプレートでホームページを作成する

    テンプレートを利用すれば、作成が簡単になります。

    まずは
    YAHOO!で「ホームページ 無料テンプレート」と入れ、検索してみてください。
    テンプレートを配布しているページがたくさん出てきたかと思います。
    こちらを使用することで、1から作る必要がなく作成が楽になります。
    ※使用方法につきましては、それぞれテンプレートを配布しているホームページをご覧ください。

    会社やお店用に使っても大丈夫ですか?

    テンプレートをそのまま使えば、ホームページが少し簡単になると書きましたが、皆さん同じように作れますので、類似したデザインになりがちです。
    看板や名刺代わりとなるビジネス使用のホームページには不利だと考えられます。
    そこで、カスタマイズが必要になります。
    テンプレートを使う際は、カスタマイズを充分に行って是非オリジナルのホームページにトライしてみてくださいね!

    <補足:注意点>
    ●広告やスポンサー情報を入れる必要がある場合があります。(その場合ビジネスには不向きといえます)
    ●商用サイト不可の場合があります。(ビジネス使用ができません)
    ●有料版もありますので、説明文をよくお読みになってから使用するようお気を付け下さい。

    2012.01.11 ホームページ作成ソフトを使う

    ホームページ作成ソフトには、ホームページビルダーやDREAM WEAVER等あります。

    自分でホームページを作成する際に大変便利なのが「ホームページ作成ソフト」です。
    通常、ホームページはHTMLなどの特殊な言葉(言語)で作られています。
    英語みたいな文字がズラーっと並んでるだけなので、実際の画面がどうなるか作成中に分かりませんし、特に初めのうちは理解するまで時間がかかります。
    そんな時に役立つのが、ホームページ作成ソフトです。
    代表的なソフトは、2つ。
    ホームページビルダーとDREAM WEAVERです。

    ホームページビルダー

    ホームページを簡単に作ってみたい方、趣味のサイトむけのソフトです。
    ほかのソフトに比べると値段も手頃で、比較的作りやすいといわれています。
    ただ本格的なサイトを作るには、熟知する必要があり時間がかかる方も多いようです。
    詳細は、以下のオフィシャルサイトをご覧ください。
    http://www.justsystems.com/jp/products/hpb/?w=idxsrd

    DREAM WEAVER

    基本的なホームページ作成はもちろん、将来レベルアップしたホームページも作成が可能です。
    ビジネスサイトむけなので、現在もホームページ制作会社の数多くが採用しています。
    ※ちなみに、私もDREAM WEAVERを使用しています。
    詳細は、以下のオフィシャルサイトをご覧ください。
    http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver.html

    いずれも書籍を購入し、勉強される方が多いですよ。

    ほかのソフトや、口コミなど もっと、ホームページ作成ソフトについて知りたい方は、YAHOO!で「ホームページ作成ソフト」と入れ、検索してみてくださいね!

    2012.01.10 ホームページとは?

    ホームページとは、インターネットエクスプローラーなどのブラウザに表示されているものです。

    皆さんは、YAHOO!やGoogleのページから検索を行ったことはありますでしょうか。
    このYAHOO!やGoogleのページがホームページです。
    また検索で表示されたページも、すべてホームページです。

    インターネットを通して、他のコンピューターにあるデータを皆さんのコンピューターに表示することで見ることができる仕組みになっています。
    では、ホームページの仕組みについて、もう少し詳しく見てみようと思います。

    ホームページの仕組み

    皆さんが見ているホームページのデータは、国内外のほかの大型コンピューターに置いてあります。
    そのデータを、「ブラウザ」と呼ばれるソフトを使い、インターネットを通して見ています。

    このブラウザがインターネットに接続し、ほかの大型コンピューターからホームページのデータをもらい、皆さんのコンピューターにデータを運んでくれるおかげで、ホームページを見ることが出来ます。
    なので、皆さんがホームページを作ったら、インターネットに接続された国内外の大型コンピューターに、そのデータを置いておく必要があります。

    ※この大型コンピューターは、WWW サーバーと呼ばれ、インターネット接続プロバイダーやレンタルサーバー業者によって提供されています。

    ホームページのデータについて

    ホームページのデータは、主に、HTML (Hyper Text Mark-up Language) と呼ばれる言葉(言語)で作られています。
    主に、このHTMLを使って文字や画像などホームページ上に表示しています。


ページトップへ