HOME > ホームページを作成する前に知っていると良いこと > 安全対策として長いパスワードが重要な訳

安全対策として長いパスワードが重要な訳

DATE : 2016.03.29

ユーザ登録などの新規パスワードを決める際に、悩んだことはありませんか。

パスワードの設定画面には、よく以下のような説明があります。
 ・8文字以上で。
 ・英数字または英数字と記号を混ぜる。
 ・推測されやすい言葉は使わない。・・・など

上記の説明に沿ってパスワードを設定しなければ、パスワードをすぐに解読されてしまい、安全とは言えません。

例えばウィキペディアによると、英字(大文字、小文字の区別なし)で文字数が4桁の場合、約3秒あれば解読できてしまうようです。

参考:「総当たり攻撃 – Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/総当たり攻撃

パスワードが破られて個人情報が流出しないように、パスワードの設定は慎重に行った方が良さそうですね。
みなさんお気を付けください。

ページトップへ